講習会

炭素材料学会先端科学技術講習会2011

「エネルギー変換デバイスおよび電解プロセスに関わる炭素材料の劣化」

炭素材料はエネルギー変換デバイスや電解プロセスに必要不可欠な材料となっています。エネルギー変換デバイスでは、固体高分子形燃料電池の触媒担体、リチウムイオン電池の負極、電気二重層キャパシタの電極材料、電解プロセスではアルミニウム、マグネシウム、チタンなどの溶融塩電解用電極として使用されています。本講習会では、これらのデバイスや電解プロセスにおける炭素材料の劣化について焦点をあて、講演をプログラムしました。現在、これらのデバイスおよび電解に携わっておられる方々、また、これから取り組もうとされている方々のご参加をお待ちしております。

  • 日 時:
  • 2011年6月17日(金)10:00 〜 17:00
  • 場 所:
  • 京都テルサ 西館第1会議室(http://www.kyoto-terrsa.or.jp/access.html
  • 協 賛:
  • 日本化学会、電気化学会、電池技術委員会、キャパシタ技術委員会、アドバンストバッテリー技術研究会(予定)
  • 定 員:
  • 120名
  • 費 用:
  • 正会員(協賛学協会含)25,000円
    賛助会員25,000円
    学生5,000円
    非会員35,000円
    学生非会員10,000円
  • プログラム
    (タイトルは仮題):

    • 1. 10:00〜11:00
    • マグネシウム、チタンの溶融塩電解と炭素劣化
      (関西大学)竹中俊英
    • 2. 11:10〜12:10
    • 固体高分子形燃料電池の触媒担持炭素の劣化
      (トヨタ自動車)加藤 学
    • 3. 13:20〜14:20
    • 電気二重層キャパシタ用炭素の劣化
      (群馬大学)白石壮志
    • 4. 14:30〜15:30
    • 金属空気二次電池を指向した酸化耐性炭素
      (京都大学)宮崎晃平
    • 5. 15:40〜16:40
    • リチウムイオン電池用黒鉛負極の劣化
      (京都大学)土井貴之
  • 申込み方法:
  • 郵便振替での支払を希望される方は、以下の学会HPから6月2日(木)までにお申し込み登録を完了してください。クレジットカードでの決済の場合、申込登録は6月14日(火)まで受付可能です。
    お申込みURL:https://www.wdc-jp.biz/jec/workshop12/seminars/
    登録完了後、郵便振替票付請求書をお送りさせていただきます。参加費は6月9日(木)までにご納入ください(払込期日厳守)。当日の申込も受け付けております。
  • お問い合わせ:
  • ■参加申込に関するお問い合わせはこちら
    炭素材料学会6月講習会ヘルプデスク
    E-mail:tanso-desk@bunken.co.jp
    FAX:03-3368-2827
    ・JR京都駅(八条口西口)より南へ徒歩約15分
    ・近鉄東寺駅より東へ徒歩約5分
    ・地下鉄九条駅4番出口より西へ徒歩約5分
    ・市バス九条車庫南へすぐ