炭素材料学会基礎講習会

「多様な炭素材料の物性・機能の基礎」

 炭素材料は,原子番号6の元素である炭素を主成分とする多種多様な材料の総称で,黒鉛,木炭,活性炭,カーボンブラック,炭素繊維,ダイヤモンドなどが含まれます。近年,ナノカーボンとも呼ばれる,カーボンナノチューブ,フラーレン,グラフェンなどの材料も現れ,多彩な材料が,多岐にわたる分野で用いられています。その理由は,炭素材料が有用な物性を示し,機能が多岐にわたるためです。例えば,リチウムイオンとの層間化合物形成機能は,未だに記憶に新しい2019年ノーベル化学賞「リチウムイオン電池の開発」の受賞理由の根幹をなしています。
 このように炭素材料は多様ではありますが,1つの元素から構成されていることは共通しており,したがって、形態,物性,機能は相互に関連しているといえるでしょう。多様な材料について幅広く理解、知識を習得することが、炭素材料を正しく理解して応用開発をめざすためにも有益です。本セミナーでは,各種炭素材料とその特性,機能についての基礎知識について学べる2日のコースを企画いたしました。炭素材料に興味をもたれている方々,かかわっている方々が,知識やスキルを修得・深化する場として是非ご利用ください。
 なお,どちらか1日を選び参加することもできます。
 事前質問は,10月19(水)まで学会HPから受け付けます。質問内容によっては回答できない場合もありますので,ご了解ください。なお,質問内容に関する秘密保持はできかねますのでご注意ください。
 皆様のご参加をお待ちしております。

日 時

2022年10月27日(木)10:00~18:00
2022年10月28日(金) 9:30~17:30

形 式

オンライン開催

主 催

炭素材料学会

協 賛

日本化学会,電気化学会,応用物理学会,日本セラミックス協会,日本表面真空学会,日本吸着学会,大阪科学技術センター

参加費

(消費税およびテキスト代を含む)

【個人料金(1名のみ接続可)】

〈2日コース〉
正会員(協賛学協会含)・賛助会員 50,000円
学生会員(協賛学協会含)10,000円
非会員 75,000円
学生非会員 20,000円

〈1日コース〉
正会員(協賛学協会含)・賛助会員 30,000円
学生会員(協賛学協会含)5,000円
非会員 50,000円
学生非会員 10,000円

【グループ料金(参加申込者を含む最大5名接続可)】

〈2日コース〉
正会員(協賛学協会含)・賛助会員・学生会員(協賛学協会含)・学生非会員からなるグループ 75,000円
学生会員(協賛学協会含)のみのグループ 15,000円
学生非会員のみまたは学生会員(協賛学協会含)・学生非会員からなるグループ 30,000円
非会員を含むグループ 112,500円

〈1日コース〉
正会員(協賛学協会含)・賛助会員・学生会員(協賛学協会含)・学生非会員からなるグループ 45,000円
学生会員(協賛学協会含)のみのグループ 7,500円
学生非会員のみまたは学生会員(協賛学協会含)・学生非会員からなるグループ 15,000円
非会員を含むグループ 75,000円

(※グループ選択は,以下の例をご参考ください。例3のように、個人参加とグループ参加とを組み合わせたほうがお得となる場合もございます。)

例1:
正会員(協賛学協会含)2名,学生会員(協賛学協会含)2名,学生非会員1名のグループが2日コースを希望の場合
⇒ 「〈2日コース〉正会員(協賛学協会含)・賛助会員・学生会員(協賛学協会含)・学生非会員からなるグループ(75,000円)」
例2:
正会員(協賛学協会含)1名,非会員1名,学生会員(協賛学協会含)2名のグループが1日コースを希望の場合
⇒ 「〈1日コース〉非会員を含むグループ(75,000円)」
例3:
正会員(協賛学協会含)1名,学生会員(協賛学協会含)3名のグループが2日コースを希望の場合
⇒ 「〈2日コース〉正会員個人(協賛学協会含)1名 + 〈2日コース〉学生会員(協賛学協会含)のみのグループ(50,000円 + 15,000円 = 65,000円」

申込方法

WEB上の手続きによる申し込みをお願いいたします。

グループ参加の場合,申込者は受講者の代表者であり、申込者を含め,すべての受講者の情報を入力してください。
郵便振替での支払を希望される方は,10月11日(火)までにお申し込みください。登録完了後,郵便振替票付請求書をお送りさせていただきます。参加費は10月18日(火)までにご納入ください(払込期日厳守)。
クレジットカードでの決済の場合は,10月23日(日)まで受付可能です。

プログラム

<10月27日(木)>

  • 10:00~11:30
    人造黒鉛材料の製造、構造解析、高温物性

    (産業技術総合研究所)岩下哲雄
    1) 人造黒鉛材料の製造(原料と炭素化)
    2) 黒鉛化の現象(ソフトカーボン・ハードカーボン)
    3) 黒鉛化による物性の変化(電気抵抗と熱伝導)
    4) 人造黒鉛材料の高温物性(熱膨張や機械特性)
  • 11:30~12:45
    昼食
  • 12:45~14:15
    炭素化物・活性炭の製造とその利用

    (関西大学)林 順一
    1) 炭素化と賦活について
    2) 炭素化物・活性炭の細孔構造の評価
    3) ガス分離剤としての利用
    4) ガス吸蔵剤としての利用
  • 14:15~14:30
    休憩
  • 14:30~16:00
    グラフェンの合成・物性・応用、そして2.5次元物質への広がり

    (九州大学)吾郷浩樹
    1) 単層グラフェン
    2) 二層グラフェン
    3) グラフェンへのインターカレーション
    4) 他の二次元物質の最新研究
  • 16:00~16:15
    休憩
  • 16:15~17:45
    カーボンナノチューブの基礎とエネルギーデバイスへの応用

    (名古屋工業大学) 川崎晋司
    1) カーボンナノチューブの構造と分類
    2) 単層カーボンナノチューブの電子構造
    3) 単層カーボンナノチューブの電池電極特性
    4) 分子内包単層カーボンナノチューブの次世代電池への応用
    5) 単層カーボンナノチューブの光触媒への応用
  • 18:00
    終了

<10月28日(金)>

  • 9:30~11:00
    カーボンブラックの基礎~応用

    (東海カーボン株式会社)石井崇史
    1) カーボンブラックとは
    2) カーボンブラックを使用した材料特性
    3) 最新動向(ニーズと研究開発)
  • 11:00~11:15
    休憩
  • 11:15~12:45
    炭素繊維の基礎と複合材料展開

    (東レ株式会社)田中文彦
    1) 炭素繊維とは?
    2) 炭素繊維の力学特性
    3) 炭素繊維の微細構造
    4) 炭素繊維とその複合材料
  • 12:45~14:00
    昼食
  • 14:00~15:30
    鋳型法によるナノカーボン材料の合成

    (東北大学)西原洋知
    1) 鋳型法とは
    2) 鋳型法による材料調製のポイント
    3) 鋳型法で調製される様々な材料
    4) 鋳型法の周辺技術
  • 15:30~15:45
    休憩
  • 15:45~17:15
    ダイヤモンドの電極材料への応用展開

    (慶應義塾大学)栄長泰明
    1) ダイヤモンドの合成と基礎物性
    2) ダイヤモンド電極の電気化学特性
    3) 環境・医療用高感度センサーとしての応用
    4) CO2還元用電極としての応用
  • 17:30
    終了

参加申込に関するお問い合わせはこちら

炭素材料学会 基礎講習会ヘルプデスク
E-mail: tanso-koshukai[at]bunken.co.jp([at]を@に変更してください。)
FAX: 03-5227-8632